3Dプリンタとは

3Dプリンタとは、3DCADソフトや3DCGソフトなどで作ったデジタルデータ(3Dデータ)を元に立体物を造形(3Dプリント)することができる工作機器です。
今までの技術では作ることの難しかった「切れ目のないもの同士が鎖のようにつながっている」といった形状のものでも、積み上げるように形成していく「積層造形法」という技術で作ることが可能になりました。 現在では低価格化が進み、一般家庭からオフィスや学校までさまざまな環境で活躍しています。

3Dプリンタでの造形例

エンジンの試作家の模型フィギュア
歯ブラシ立てジオラマ子供の顔


3Dプリンタの背景

3Dプリンタは、1980年頃から製造業を中心に試作品などの製造に使われてきました。 それまでの試作品の製造には(クレイモデル)や木(モックアップ)、量産材料を削る、研ぐなどの作業を経て制作してきましたが、手作業にあたる工程が多く、少量で作るには時間やコストがかかっていました。
3Dプリンタを使った試作手法は、ラピッドプロトタイピング(rapid[敏速]、prototyping[試作])といわれ、短時間、低コストで造形が可能です。これにより多くの試作品を作れるのと同時に、設計やデザインの確認に時間をかけられるようになりました。
現在では低価格化が進み、一般家庭から中小企業や学校等で導入され始め、試作品の製造以外にもさまざまな用途で使われています。



3Dプリントの流れ

* SCOOVO C170を使用した場合

3Dデータの作成

3Dプリンタはどんな複雑な形状でも造形することができますが、立体物を作るには必ず「3Dデータ」が必要となります。
3Dデータは、3DCADソフトや3DCGソフトなどで作成することができます。しかし、それらのソフトを使いこなすにはデータの作成を繰り返して、使い方に慣れる必要があります。
mono-logueでは、3Dデータをすべて無料でダウンロードいただけますので、データ作成にまだ慣れないという方やソフトを持っていないという方でも、3Dプリンタでの印刷を楽しむことができます。
3Dデータのダウンロードはこちら


STLファイルとGコードとは

STLファイルとは、3Dプリンタで造形を行うために最適化されたファイルフォーマットのことです。
Gコードとは、STLファイルを3Dプリンタで印刷する際の、積載ピッチの細かさや造形物の密度など印刷設定をインプットした制御コードです。実際にはこのGコードを使って印刷を行います。


3Dプリンタ設定用フリーソフト

repetier printrun

3Dプリンタの仕組み

3Dプリンタは熱で溶かした樹脂をソフトクリームのように層を積み重ねることで立体物を作っていきます。これを「積層造形法」といいます。
造形の方式は、光で造形する方式や粉末を焼結させる方式などがありますが、中小企業や教育機関、一般家庭向けのパーソナルな3Dプリンタでは、主に『熱で溶かした樹脂を押し出して一段ずつ積層していく方式』を採用しています。


[動画:アビー SCOOVO C170]



パーソナル3Dプリンタ

▲ アビー SCOOVO X4
直販価格:129,444円(税抜)
SCOOVO X4の詳細はこちら>>


▲ アビー SCOOVO X9
直販価格:210,000円(税抜)
SCOOVO X9の詳細はこちら>>


▲ アビー SCOOVO C170
直販価格:180,000円(税抜)
SCOOVO C170の詳細はこちら>>