アップロードデータについて



アップロードが可能な3Dデータ

mono-logueでは3Dプリンタで印刷することができる「拡張子がSTL形式の3Dデータ」もしくは「STL形式の3Dデータを含めたZIP形式の圧縮ファイル」がアップロードできます。


イメージ画像について

作品をアップロードする際、3Dデータのほかに最低1枚(最大5枚)のイメージ画像が必要となります。作品を3Dプリンタで造形した場合は、造形モデルを撮影しておくことをお勧めします。
※ アップロードできるイメージ画像は、1500×1200ピクセル以内で拡張子が"jpg"もしくは"png"形式のファイルのみとなります。


アップロードデータの容量について

アップロードするデータ(作品のイメージ画像含む)は1ページあたり最大「20MB」となります。
また、アップロードユーザー1人あたりの総容量は200MBとなります。200MBを超えてしまうような場合は、他の作品を削除していただく必要がございます。


アップロード済み作品情報の編集・削除について

『マイページ』の『アップロード作品一覧』より編集・削除していただけます。削除した作品情報やコメントは復元することが出来ませんのでお気を付けください。
※ 一度登録した3Dデータは変更できません。


3Dデータ制作の注意点

アップロード用3Dデータを制作する際は、以下の事項にご注意ください。
・オブジェクトに厚さ0mmの面が無いように制作してください。
・オブジェクトの外周面は全て表向きになるように制作してください
・オブジェクトが接地するように制作してください
・制作した3DデータはSTL形式に書き出してください。


禁止データについて

mono-logueでは、公序良俗に反するデータや第三者の権利を侵害するデータのアップロードを禁止しております。
これらのデータが第三者に誤ってダウンロードされた場合、クレームや損害賠償、訴訟などのトラブルにつながる可能性があります。アップロードユーザーご自身の自己責任に基づき、問題のないデータのみをご登録してください。
以下のデータを見つけた場合は事前の通告無く作品を削除させていただく場合がございますのでご了承ください。
(1)当社もしくは第三者の権利を侵害するデータ、または侵害する恐れのあるデータ
(2)著作権で保護されているキャラクターや芸術作品などのデータ
(3)元著作権者が意図しない方法での複製、改変を行ったデータ
(4)法令に違反するデータ
(5)その他わいせつ物や、公序良俗に反するデータ

その他、トラブル防止のため最低限のマナーをお守りください。
また、人物像や動物などの権利確認はmono-logueでは完全に行なうことはできませんので、必ず制作の前にご自身でリサーチ、確認を行なってください。